最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
ついに?実用間近!?電動ターボ

本日のニュースから!

結構昔から、その実現性は話題になっていた第3の過給機?、電動ターボチャージャー

 

現在、F1レースカテゴリでは無敵の強さを誇るメルセデスAMGから、そのF1の技術を応用した電動ターボの開発状況を発信しています。

 

電動ターボは、従来からある過給機のターボチャージャーとスーパーチャージャーの弱点、欠点を無くした?夢の過給機と従来から言われていました。

 

 

ターボチャージャーに対するメリット

電動ターボは、従来のターボチャージャーのように排気ガスの圧力を利用しないので、圧が低い低回転域はもとより、アイドリング状態からでも過給することが出来、熱害も非常に少ない。

 

 

スーパーチャージャーに対するメリット

高回転域で機械損失、ロスが無い。

 

 

上記のように良いとこ取りの過給機です。

 

しかし、今までは12Vの電源では、過給出来るほどの超高回転までモーター駆動してタービンを回すことが出来ませんでしたが、近年のハイブリッド車に使用されている48Vバッテリー電源を使うことで解決でき、実現が間近になってきているようです。

 

日本国内の企業では、IHIも開発中ですね。

 

 

AMGが電動ターボを市販モデルに近く搭載へ。

ホンダほかF1参戦メーカーの新たな技術トレンドになるか?

 

https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/80654118fde3406258a07ea272ffbbc3bbc605bf/

 

 

ターボ軸に組み込む薄さ4cmのモーターをギャレットと共同開発

F1ではターボチャージャーと同軸にMGU-H(熱エネルギー回生システム)を配置してエネルギー効率を追求しているのは知られていますが、その現代F1において最強といえるのがメルセデスAMGのパワーユニットという点に異存のある人は少ないでしょう。

そのメルセデスAMGが、F1テクノロジー直系といえる「電気式ターボチャージャー」について情報発信をはじめました。

今回、メルセデスAMGが発表したテクノロジーは、まさしくMGU-Hを市販・量産車に落とし込んだといえるものです。通常のターボチャージャーのシャフト部分に4cmの薄型モーターを内蔵して、F1のMGU-Hほどの発電量は見込めないにしても、量産車への搭載を実現しているのがポイントといえます。

公開されている画像ではターボチャージャー本体に「Garrett」のロゴが確認できるので、ターボチャージャーの名門ギャレットとの共同で、この市販車向け電気式ターボチャージャーは開発されているというわけです。

F1のMGU-Hというと、どうしてもエネルギー回生(発電)能力に着目しがちですが、市販車向けの電気式ターボチャージャーではターボラグの解消などレスポンス面でのメリットを活かすものとなっているのが特徴です。

 

 

電子制御アクチュエータなどでターボチャージャーが過給圧の立ち上がりを速くするのは常套手段ですが、それでもアイドリング領域から過給することは難しいのが現実です。

しかし、電気式ターボチャージャーであればアクセルオフのアイドリング状態であっても、シャフトに組み込まれたモーターでダイレクトに過給をはじめられます。実際、メルセデスのニュースリリースには、電気式ターボチャージャーは停止状態からの加速性能に寄与すると記されています。

欧州メーカーが使う48Vシステムとの相性もばっちり

さらに、この薄型モーターはターボチャージャーが低回転で動いているときだけ作動するわけではありません。

ターボチャージャーの特性として、アクセルオフ時は回転が落ちてしまい、次にアクセルを踏み込んだときにターボラグ(過給遅れ)が発生します。その対策として、モータースポーツやチューニングエンジンでは「ミスファイアリングシステム」といってアクセルオフ時にも燃料を燃やすことでターボチャージャーを回し続け、ターボラグを減らすという工夫があります。これによってコーナーの進入時にアクセルを抜いて、立ち上がりで加速するといったシチュエーションでも鋭いレスポンスを実現することができるのです。

この電気式ターボチャージャーにはミスファイアリングシステムは不要です。アクセルオフ時も薄型モーターでターボチャージャーの回転を維持することができ、アクセルを踏み込めばラグを感じさせないトルクを得ることができるのです。

なお、モーターは48Vということですから欧州車で増えつつある48Vマイルドハイブリッドシステムとのコンビネーションも最適なのでしょう。

現時点では、メルセデスAMGが電気式ターボチャージャーを、どのモデルに搭載するのかアナウンスされていませんが、世界最強の2.0Lエンジンとして310kW(421PS)を発生するAMG A45の次期モデルへの搭載が期待されます。

A45は4WDですが、その2.0Lエンジンがさらに進化するとなれば、F1でのライバルであり、2.0L FFの世界最速をシビックタイプRで目指しているホンダも黙っているわけにはいかないでしょう。

ホンダが電気式ターボチャージャーにどのようなアプローチをしているのかは不明ですが、F1パワーユニット直系といえる電気式ターボチャージャーは、F1参戦メーカーのブランディングにとって欠かせないアイテムになるのではないでしょうか?

 

 

 

ところで、カーマニアなこのブログの読者の方々なら、昔からいろいろな なんちゃって電動ターボ が発売されているのを覚えてますでしょうか?(^^;

 

こちらは現在、楽天で販売されている電動ターボです(^^;

 

 

 

 

 

他には、NA軽自動車専用 の電動ターボ?でインテークパイプ内に電動ファンを仕込むタイプもありました(^^;

KCテクニカが販売している、パワーMAXレーシングです。

パワーMAXレーシング ホンダ N-BOX用

 

 

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

自動車業界も、チャイナリスク大

今回のコロナウイルスで自動車メーカー各社は影響を受けている。

 

 

【生産、新車、販売に大打撃!】 新型コロナウイルス 自動車メーカーへの影響

ベストカーウェブ

https://bestcarweb.jp/feature/column/141778

 

自動車各社の上場企業は、例年4月末から5月の連休明けに前期(2020年3月期)決算を発表するスケジュールとなっているが、この4月からの2021年3月期業績予想がコロナ禍の影響がどの程度になるか、見通せない状況に苦慮している。

 

この本決算発表には、各社ともに社長が出席して前期業績と今期予想を説明するが、今期がコロナ禍の収束が見えないだけに難しい情勢なのだ。第3四半期(10〜12月)決算発表した2020年1月時点では、トヨタの増収増益だけが目立った。

 

ちょうど、中国・武漢の新型コロナが表面化した時期だっただけに中国事業依存度が高い日産とホンダが「中国が見極められない」としていたが、それでも業績見通しは厳しいものだった。

 

また、インドで圧倒的な販売シェアと収益力を持つスズキもインドの金融不安にともなう新車市場の低迷から減収減益となるなど、マツダ、スバル、三菱自などもおしなべて厳しい業績見通しを発表していたのだ。

これにコロナ禍の世界拡大が追い打ちをかける恰好となり、1〜3月の第4四半期を加えた前期(2019年度)よりも今期(2020年度)の4月以降のコロナ禍終息が長引けば長引くほど生産・販売減の業績低下に影響を与えることになる。

 

1強のトヨタといえども今期業績はコロナ禍による生産・販売減少が続くと大幅な悪化は避けられなくなりそうだ。

 

 

 

コロナによる生産の影響も、もちろんそうだが、前々から書いてるが、ここ10年ほど日本車の不具合や品質不良が非常に多くなった原因も、中国製部品を混ぜていることが増えたため。

 

純正部品以外の社外品で、中国製自動車用部品を購入したことがある人は、近年非常に多いので!

その品質の悪さ(低さ)は、このブログであえて説明しなくても多くの人が知っているでしょう。

 

その中国製部品を!!

 

純正部品として混ぜて自動車を造ってしまっているんだから、品質がいいわけがない(^^;

以前、同一車種で多数のリコールを出した、ホンダがその悪い例でした。

 

 

 

 

中国製メーカーの部品を、純正部品として使っている国内の自動車メーカーさん。

 

ホント、もう止めましょう!

 

ユーザーの人命軽視ですよ!

 

 

特に ホンダ さん。

 

 

 

 

 

 

話はまたコロナウイルスに戻る!(^^;

 

やはり中国にはこれらの世界中での被害の責任を追及しないと!



中国人がウイルスを世界にばらまいたことは、紛れもない事実。

 

絶対、中国に責任逃れをさせてはならない。

 

 

中国の野生動物食文化が引き起こした、人類全体の危機であることを忘れてはならない。

古くはスペイン風邪も、中国人がばらまいたウイルス

 

スペインかぜは、パンデミック発生と同じ1918年に終結した第1次世界大戦よりも多くの命を奪った。

近年の研究により、その第1次世界大戦中の忘れられたエピソードが、スペインかぜの拡大の発端になった可能性が指摘されている。それは、中国人労働者を列車に閉じ込めてカナダを横断させ、ヨーロッパまで運んだことだ。

 

カナダ、ウィルフリッド・ ローリエ大学の歴史学者マーク・ハンフリーズ氏によると、西部戦線で英軍とフランス軍の後方支援を行うために、9万6000人の労働者を中国から動員したことが、パンデミックの原因になった可能性があるという。氏が発見した記録が、それを裏付けているとしている。

ハンフリーズ氏は、1917年11月に中国北部で流行した呼吸器疾患が、その1年後に中国の保健当局によって、スペインかぜと同じものであったことが確認されたとする文献を発見した。

 

氏はまた、1917年からカナダを横断してヨーロッパに送られた2万5000人の中国人労働者のうち、検疫を受けた3000人強の多くにインフルエンザに似た症状が見られたとする医療記録も発見した。

中国人労働者たちは1918年1月には英国南部に到着し始め、そこからフランスに送られた。

フランス北部のノイエル=シュル=メールの中国人病院には、呼吸器疾患により数百人が死亡したとの記録が残っている。

歴史学者らは、スペインかぜのウイルスが1918年の春に突然変異して致死性が高くなり、ヨーロッパから米国のボストンやシエラレオネのフリータウンなどの遠方の港町まで広がったのではないかと考えている。

 


そして次がSARS

そして今回のコロナウイルス。


全て 中国 が元凶。

 


絶対に責任逃れをさせてはならない。

 

 

トランプ大統領が「中国ウイルス」と呼ぶのは、何も悪くない。

 

そう言われて当然だ!

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

やっぱり爆睡する、自動運転 オートパイロット プロパイロット 居眠り 事故

先月の記事で・・・

 

居眠り運転が増えるので!

 

自動運転など必要無い!!

 

 

と書いた数日後に、TVのニュースで海外ニュースの「高速道路で居眠り運転のテスラに、追い抜かれて行く動画」紹介されていた。

 

 

時速100キロ以上のスピードで走る車の中ですやすやと寝ている男性。座っているのは助手席ではなく運転席です。 アメリカ・カリフォルニア州の高速道路で17日、ハンドルから手を離して居眠りしているドライバーの姿をたまたま隣を走行していた車がカメラで捉えました。居眠り運転の車はアメリカの電気自動車メーカー「テスラ」製で、自動運転モードで走行していたとみられます。車は車線からはみ出していなかったということです。

 

テスラは、「自動運転機能はあくまでハンドルを握るドライバーをサポートするシステムだ」としていて、

 

自動運転中の居眠りを推奨していません。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

 

 

 

■ テスラの「オートパイロット」で居眠り運転が相次ぐ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00010007-newsweek-int

 


「オートパイロット」は、自動運転レベルを定めた国際標準「SAE J3016」でレベル2(部分自動運転)に該当し、ドライバーは常時、運転状況を監視するよう義務づけられている。

しかし、最近、ドライバーが居眠りをしたまま「オートパイロット」でテスラ車を走行させる事件が相次いでいる。

カリフォルニア州の地域放送局「ABC7」は、2019年6月13日、カリフォルニア州南部の州間高速道路405号線を渋滞ピーク時間帯に走行するセダンタイプの電気自動車「テスラ・モデル3」でドライバーが居眠りをしている動画を公開した。

この動画は現場を目撃した視聴者が撮影したもので、この視聴者は

 

「ドライバーが居眠りしていると気づいた段階で警察に通報したが、ドライバーは高速道路を出る時点でも反応がなかった

 

と話している。「テスラ・モデル3」は、ドライバーが居眠りをした状態で、少なくとも30マイル(約48.3キロメートル)走行したことになる。

 

 


警察がサイレンを鳴らし、ドライバーはようやく目を覚ました

カリフォルニア州パロアルトの地域オンラインメディア「パロアルト・オンライン」によると、2018年11月30日には、カリフォルニア州ロス・アルトス市の都市計画委員会で議長を務めるアレクサンダー・サメック氏が「テスラ・モデルS」を運転中に居眠りをし、国道101号線を時速70マイル(約113キロメートル)で走行させたことで逮捕された。警察は、約7分かけ、サメック氏の「テスラ・モデルS」を7マイル(約11.3キロメートル)先で道路の片側に寄せさせたという。

同様の事件は米国内にとどまらない。オランダ中部のエームネスでも、2019年5月19日、ドライバーが居眠りをした状態で、テスラの自動車が高速道路A27で走行していた。

 

警察がサイレンを鳴らし、ドライバーはようやく目を覚ましたそうだ。

 

ドライバーからはアルコールも検出されている。


幸い、いずれの事件も大きな事故にはつながっていないが、「オートパイロット」の普及がすすめば、同様の事件が頻発する可能性もさらに高まる。ドライバーを監視する機能を追加するなど、何らかの対策を講じる必要がありそうだ。

 

 

 

自動運転、オートパイロット、プロパイロットは!

 

「居眠り運転をするため」 の装備ではありません。

 

しかし、現実には!

 

そのために利用するバカ が必ず出てきます。

 

 

 

日本よりも自動運転が普及している海外では、すでに多数の居眠り運転や、それに起因した事故が報告されていますが、海外と比較しても、運転マナーの悪い日本では、当然同等以上の問題が起きるでしょう。

 

 

ただ走るだけ なら、自動運転でも問題ないのかもしれません。

 

 

しかし、ひとたび前方で何か事故等が起きると、

 

自動運転(オートパイロット)では、まったく対処出来ず、

 

さらに大きな2次被害を起こすことになるのです。

 

 

下記の2件の事故は、前方の事故を探知出来ず、自動運転中のテスラが突っ込み死亡事故となりました。

いずれもテスラの前を走行していた普通のクルマ(ドライバー自身で運転していたクルマ)は事故を回避し、自動運転中のテスラはそのまま突っ込み追突。

 

 

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

現代のミッドシップや、リアエンジンに必須なもの

ミッドシップや、リアエンジンを採用しているのは主にスポーツカーですが、従来それらのクルマにはあまり付いていなかったものが、最近デビューした、あるミッドシップ スポーツカーには装備されていました。

リア 電動ファン

 

昨年、発売された新型のミッドシップスポーツカー、アルピーヌA110のエンジンルームですが、御覧の通り「リアにも」電動ファンが装備されていました。

 

アルピーヌA110

 

このクルマは、近代ミッドシップ スポーツカーのお手本のようなクルマです。

 

記事タイトルの

 

現代のミッドシップや、リアエンジンに必須なもの

 

それはやはり リア 電動ファンですね。

 

 

近年のエンジンについて、知識のある方はご存じかと思いますが、ここ10年程最近に設計されたエンジンは、それ以前のものに対して、エンジン冷却水の温度を高水温で制御するようになってきています。

従来のエンジンでは90℃前後が多かったのに対して、最近のエンジンは、それより約10℃以上も高い水温で制御するようになってきています。

近年のエンジンの水温は、100〜110℃辺りになってきていますね。

 

 

当然、そうなってくると、エンジンルーム内の温度もそれだけ上昇してしまいます。

 

 

フロントにエンジンがあるクルマの場合は、ラジエターと電動ファンがエンジンルーム内にあるので、エンジンルーム内の熱気は、いつでもすぐに抜くことが出来ます。

 

 

ところが!

ミッドシップやリアエンジンは、リアにも電動ファンが付いていないと、特に停車中や低速走行では、エンジンルーム内の温度をまったく下げることが出来ないということですね。

 

きちんと設計されているクルマ(リアエンジンの)はこのように、リアからも熱気を強制排気出来る設計がされています。

 

 

 

エンジンルーム内の温度が高過ぎるとどのような悪影響があるか??と言うと、

 

油温が上がりやすくなる、インタークーラーが冷えにくい、吸気温度が上がり過ぎ、エンジン出力低下、ガソリンの温度上昇によるパーコレーションでエンジン始動不良、樹脂、ゴムパーツの劣化が早くなる等、色々なデメリットが出てしまいます。

 

やはり設計者が優秀だと、そこまで対策を考えて造られていますね。

 

 

エンジンルームの冷却ファン無し

サンクターボ

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

伝説のイエローバード復刻! 710馬力&最高速360キロを「保証」

近年、一部のヨーロッパチューナーや、チューニングメーカーで流行っていることがある。

1年ほど前にも、旧車のポルシェ911を現代の技術で再構築し、最新の素材、メカニズムで製作された事例があった。

 

ヨーロッパ(欧州)で行われているこれらのリビルドカーは、アメリカのモーターショーで流行っている、旧車に最新型のエンジンを無理やりスワップするスタイルとは全く異なる。

アメリカンのそれは、実際の旧車の古いシャーシに、最新のメカを強引にインストールするスタイルです。

 

しかし、ヨーロッパのメーカーやチューナー達のアプローチは全く異なり、旧車のデザインをモチーフにした最新ボディ、最新のシャーシ、そして最新のメカニズムを使っているのです。

 

 

 

つまり、ボディの見た目だけ旧車と似せたデザインになっていっても!

 

実際は全てが最新のテクノロジーになっているということ!

 

RUF社が設立80周年記念限定で発売した、この RUF CTR Anniversary もその1台です。

RUF CTR Anniversary

 

 

RUF CTR のオリジナルバージョンは、RUFがタイプ930 ポルシェ・911カレラをベースに、ボディ、シャーシ、エンジンをチューニングし、1987年に発表。

 

エンジンはベースの911に搭載されていた空冷水平対向6気筒SOHCのシリンダー幅を拡張し、ボアφ98.0mm×ストローク74.4mmで3,367ccへと排気量を上げた。最大出力は公称469PS/5,950rpm、最大トルク57.0kgm(553Nm)/5,100rpmだが、RUFの発表する数値は最悪の条件下での保証値のようで、実際には510PSを超えている。

 

1987年4月12日アメリカRord & Track誌が市販車最速を決める企画で、フェラーリ・288GTOAMGメルセデスSEC6.0 4V、ランボルギーニ・カウンタックポルシェ・959など各メーカー自慢の高性能車が、フォルクスワーゲンのテストコースであるエーラ・レシエンに集められテストされた。

 

その際に、当時フェラーリ・F40が持っていた323km/hの記録を塗り替える339.8km/hを記録し、RUFの名を世界に広く知らしめた。

 

しかもこのとき他の車両がキャリアカーで搬入・搬出されたのに対し、CTRはナンバー付きのままサーキットまで自走して来て、最高速テスト終了後に自走して帰ったという。

さらに翌年、トランスミッションを6速とした後期型がイタリアのナルド・サーキットで最高速度342km/hを記録して記録を更新した。ニュルブルクリンク北コースで何度かラップレコードを出した。

 

 

 

現代の技術で再構築された、RUF CTR Anniversary   は!

見た目は旧911に似せていますが、モノコックはカーボンコンポジット製。

エンジンは水冷/水平対向6気筒ツインターボで、最高出力は710ps!そしてその車重は1200kgしかない。

 

 

 

というわけで、最近、特にポルシェの旧モデル、911やレーシングモデルの935ターボなどのリメイクがいくつかされている。

他のメーカーのモデルも出てくれば面白いと思うのですが。

 

例えば、BMW3.0CSLとか。

CSLという名前だけ先々代モデルで復刻したけど、名前だけだったね。

 

あと、フェラーリのこんなのとか(^^;

 

 

 

コペン 中古車 を見る

 

 

旧型 アルトワークス 中古車 を見る

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.